【期間限定】当りが出たら課金アイテムをゲット!

【ダビスタ】競争馬の引退のタイミングはいつ?最適な時期の目安

ダビマスですが、いつかはやってくる。。。それが手塩にかけた馬たちとの別れです。。ここで引退のタイミングなどをご紹介していきます。

ダビマスですが、強い馬を作ってもそれをずっと維持することは出来ず、いつかは別れがきます。。

一生懸命手塩をかけて育てても、老いには勝てませんので、ピークが過ぎるとどんどん能力が下がって行きます。

どうしてもその馬に感情が入ると「まだいける。。まだいけるはず!!」って思ってしまいますが、

厩舎を空ける意味でもピークが過ぎたらしっかり引退させて上げるのが良いです。

悲しいですけど、無茶させる方が可愛そうなので・・・適正を見極めて引退させて行きましょう。

各馬の成長時期ピークの目安

それでは、各成長型のピーク時期をご紹介します。

これを過ぎるとどんどん能力は落ちますので、見極めて引退を考えていきましょう。

成長 ピーク
①超早熟 2歳6月~3歳12月前後
②早熟 3歳1月~4歳6月前後
③普通早 3歳6月~4歳12月前後
④普通遅 4歳1月~5歳6月前後
⑤晩成 4歳6月~5歳12月前後
⑥超晩成 5歳1月~6歳6月前後

こちらがだいたいのピーク目安です。

馬の強さにもよりますが、強い馬ならピークから半年ぐらいは頑張れます。

また、成績を見るのも判断材料になります。どうもここ最近勝てなくなってきている。。。と感じたらそろそろですね。。

成長タイプを判断する方法

さて、成長タイプを知る方法ですが、一番良いのは馬体解析です。

馬体解析レポートを見ると、すぐに成長タイプがわかるので、ピーク時を判断しやすいです。

また、お金が無くて調べられない場合は、種牡馬の成長タイプを参考にすると目安になります。

人気記事まとめ



コメントを残す